#

「これいいね、もう1台」

STG4000シリーズは汎用のスティムレータ―で幅広いアプリケーションに対応できるように配慮された設計になっています。

  • ・定電圧/定電流刺激モード
  • ・アイソレータ内蔵
  • ・2,4,8チャンネル出力
  • ・ASCIIインポート機能
  • ・各チャンネル独立トリガー
  • ・モノポーラ、バイポーラ、サイン波、ランプ

刺激のパターンは専用のソフトウェアMC_Stimulus IIでフレキシブルに設定できます。


MC_Stimulus IIソフトウェア

自由に刺激波形を設定できるソフトウェアです。モノポーラやバイポーラ、サイン波など複雑な波形もカスタマイズできます。最大8チャンネルの刺激波形を設定することができ、繰り返し刺激や一回のみの刺激などフレキシブルに対応可能です。トリガー出力も完備していますので、データ収録器と組み合わせて好きなタイミングで刺激を行なえます。

外部のプログラムをインポートできる機能も付属しています。データ収録器で得られた生体信号などASCIIファイルに変換すれば、ソフトウェア上でインポートすることが可能です。

#

目的のチャンネル数に合わせて、3つのシステムを用意

STG4000シリーズは、2,4,8チャンネルの3つのシステムがございます。必要に応じて出力電流の範囲の条件もご指定いただけます。

STG4002シリーズ -2chモデル-

  • ・STG4002 ±160 µA 低出力モデル
  • ・STG4002 ±1.6 mA モデル
  • ・STG4002 ±16 mA 高出力モデル
#

STG4004シリーズ -4chモデル-

  • ・STG4004 ±160 µA 低出力モデル
  • ・STG4004 ±1.6 mA モデル
  • ・STG4004 ±16 mA 高出力モデル
#

STG4008 -8chモデル-

  • ・STG4008 ±160 µA 低出力モデル
  • ・STG4008 ±1.6 mA モデル
  • ・STG4008 ±16 mA 高出力モデル
#

仕様

主な仕様STG4000シリーズ
刺激チャンネル数2 (STG4002) / 4 (STG4004) / 8 (STG4008)
定電流モード最大±160 µA / ±1.6 mA / ±16 mA (ご注文時指定)
コンプライアンス電圧
定電圧モード最大 ±8 V, 最大電流20 mA
トリガー入力2 / 4 / 8 (刺激チャンネル数に対応)
同期出力2 / 4 / 8 (刺激チャンネル数に対応)
分解能14 bit
時間分解能20 µs
PCインターフェースUSB2.0
対応ソフトウェアMC_Stimulus II / STG-Lite / カスタマイズプログラム用DLL (C++ / MAYLAB)

brc_logo_white.pngmcs-logo.png